法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

アトムの刑事弁護活動

お悩み解決プラン

事件別の弁護プラン

お金に関する事件

暴力に関する事件

薬物に関する事件

交通に関する事件

性風俗に関する事件

刑事事件手続き Q&A

よくある質問 Q&A

--------------

よくある質問Q&A

このページはこのような方を対象としています。

  • 福岡市営地下鉄箱崎線の貝塚駅で、痴漢をしてしまい、福岡市東区箱崎の東警察署に逮捕されました。その後釈放されたのですが、被害者と示談してできるだけ早く解決したいです。弁護士に示談を依頼したいのですがいくらかかるか心配です。
  • 妻が、西鉄甘木線の甘木駅がある朝倉市甘木を自動車で運転中、交差点で自転車と衝突して相手に怪我を負わせてしまいました。朝倉警察署で事情を聞かれ、実況見分を終えています。妻の刑を軽くするために弁護士に頼んだ場合の費用はどのくらいですか?
  • 息子が、JR若松線の藤ノ木駅がある北九州市若松区くきのうみ中央で職務質問され、違法な薬物を持っていたとして若松警察署に逮捕されました。息子はまだ若いので、前科を付けない弁護活動をしてほしいです。アトムに依頼したらいくらかかりますか。

アトムの弁護士費用は?

アトム法律事務所では、全国一律の簡単で明快な料金体系を採用し、従来の法律事務所によく言われた「弁護士費用が不明確で心配だ」というご不安を解消するように努めています。

1 ポイント①:料金体系をホームページで一般公開

アトム法律事務所では、ご相談者様に実際にお見せする弁護士費用の料金体系と同じものをホームページ上で一般公開し、弁護士費用の明確化に努めています。

弁護士の中には、お客様の資力に応じて異なる料金体系を採用・提示したり、活動の途中から当初は約束していなかった追加金を請求したりする者もいると聞きます。また、私(代表岡野)自身、この業界に関わる前に弁護士を利用する機会がありましたが、その不明確な料金体系とどんぶり勘定具合に驚いたことがあります。

その経験から、アトム法律事務所では、お客様全員にフェアな料金体系を採用し、これをホームページ上で一般公開することにしました。

国選弁護人が付く事件では、私選弁護人はいわば「ぜいたく品」です。だからこそ、私たちは、ご相談者様が明確な料金体系に基づき、安心して私選弁護人の選任を検討できるように、料金体系と実際に発生する費用の明確化に努めています。

詳しくは、「弁護士費用」のページをご覧ください。

2 ポイント②:明確な計算式に基づく費用の算出 

アトム法律事務所では、接見の日当や交通費の算出につき、全国一律の明確な計算式を採用しています。これも「お客様全員にフェアな料金体系を適用する」という私たちの理念に基づくものです。

日当や交通費は、Yahoo路線検索を用いて出発地住所から到着地住所の往復所要時間を計算し、所定の計算式に当てはめて算出します。そのため、例えば、事件の途中で遠方への出張を依頼したい場合でも、お客様自身で出張費の見積もりを算出し、業務の依頼を検討することができます。

「弁護士にお金のことは聞きづらい」というお客様も多いと思います。実際、私(代表岡野)も同じ様な経験をしたことがあります。私たちへの依頼は、一般公開している計算式に基づいて、お客様自身でも費用対効果を考え、決めていただければと思います。

弁護活動を依頼せずに、単発で出張を依頼する場合の日当
  通常の初回接見 新幹線を用いる場所 飛行機を用いる場所
計算式 往復所要時間×1分300円
+5万円
往復所要時間×1分300円
+10万円
往復所要時間×1分300円
+15万円
往復1時間 6万8000円 ─── ───
往復3時間 10万4000円 15万4000円 ───
往復5時間 14万円 19万円 24万円
往復7時間 17万6000円 22万6000円 27万6000円
具体例
  • 福岡中央警察まで出張 片道12分 57,200円
  • 熊本県警本部まで出張 片道132分 129,200
  • 長崎県警本部まで出張 片道178分 156,800
  • 鹿児島県警本部まで出張 片道187分 162,200円

※日当とは別に交通費がかかります。

3 ポイント③:弁護活動の労力に応じた料金設定  

アトム法律事務所では、ご相談時又はご契約時に、一般公開している料金体系に基づき、個別の事件に対応したより詳細な料金表を作成して、その内容をご依頼者様にご説明しています。

契約書に添付する料金表には、追加で弁護士費用が発生する場合を全て明記しているため、当初の約束に基づかずに追加の弁護士費用を請求することはありません。そのため、短い期間で事件が解決したご依頼者様の場合は、当然に追加の弁護士費用が発生せず、再逮捕などが繰り返され事件が長期化したご依頼者様の場合と比べて、弁護士費用を安く抑えることができます。

また、示談交渉が必要な事件/必要でない事件、逮捕勾留されていて警察署への出張が不可欠な事件/在宅捜査中で警察署への出張が不要な事件で、着手金の金額を個別に算出することで、事件の性質に応じた対応を可能にしています。

罪名は同じ刑事事件でも、解決に至るまでの道筋は様々です。アトム法律事務所では、「お客様全員にフェアな料金体系を適用する」という理念の下、従来の着手金・報酬金型の料金体系に加えて、追加金・日当式の料金体系を採用することで、「お客様全員にフェアな料金体系を適用する」という理念の実現に努めています。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。