法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

アトムの刑事弁護活動

お悩み解決プラン

事件別の弁護プラン

お金に関する事件

暴力に関する事件

薬物に関する事件

交通に関する事件

性風俗に関する事件

刑事事件手続き Q&A

よくある質問 Q&A

--------------

九州全域の刑事事件情報 - 沖縄県

沖縄市内の警察署で逮捕・勾留されたり、沖縄市内の刑事事件で弁護士による法律相談をご希望の方は、アトム法律事務所(0120-631-276)までお問い合わせください。

沖縄県の都道府県別犯罪比率(人口10万人あたりの犯罪発生状況 平成22年度統計)

全国27位(人口1,385千人、刑法犯認知件数12,887件、犯罪930件/人口10万人)

沖縄県の刑法犯・包括罪種別認知数

  総数 凶悪犯 粗暴犯 窃盗犯 知能犯 風俗犯 その他刑法犯
H21 13,738 79 1,056 9,796 608 93 2,106
H22 12,887 59 1,134 9,104 549 109 1,932
増減 -851 -20 +78 -692 -59 +16 -174
  • 凶悪犯とは、殺人罪、強盗罪、放火罪、強姦罪をいう。
  • 粗暴犯とは、凶器準備集合罪、暴行罪、傷害罪、脅迫罪、恐喝罪をいう。
  • 窃盗罪とは、侵入罪(空き巣等)、非侵入罪(ひったくり、車上狙い等)をいう。
  • 知能犯とは、詐欺罪等をいう。
  • 風俗犯とは、賭博罪、強制わいせつ罪、公然わいせつその他の犯罪をいう。
  • その他刑法犯とは、占有離脱物横領罪、住居侵入罪、器物損壊罪等をいう。

沖縄県の重要犯罪認知件数

沖縄県の重要犯罪認知件数

  • 重要犯罪とは、殺人罪、強盗罪、放火罪、強姦罪、略取・誘拐罪、強制わいせつ罪をいう。

沖縄県の重要窃盗犯認知件数

沖縄県の重要窃盗犯認知件数

沖縄県の犯罪の特徴

刑法犯の実態

平成22年の沖縄県における刑法犯の認知件数は12,887件(前年比-851件)でした。犯罪種類別に見ると、殺人・強盗などの凶悪犯が59件(前年比-20件)、空き巣・ひったくりなどの窃盗犯が9,104件(前年比-692件)、詐欺などの知能犯が549件(前年比-59件)など減少した一方、暴行・傷害などの粗暴犯が1,134件(前年比+78件)、わいせつなどの風俗犯が108件(前年比+15件)と増加しました。

交通事故の実態

平成22年中の沖縄県における人身交通事故発生件数は6,501件(前年比+177件)でした。そのうちの2,752件(約42%)が交差点での事故になっています。事故が起こりやすい交差点として(旧)伊佐交差点(平成22年151件発生)、道の駅かで先交差点(平成22年108件発生)、泊交差点(平成22年115件発生)、国体道路交差点(平成22年75件発生)、石平先交差点(平成22年58件発生)などが挙げられています。

沖縄県は、110番通報の有効受理件数が全国14番目(九州内2番目)に多い県となっています。那覇・沖縄・浦添警察署で県内の54.5%を占め、110番通報が都市部に集中していることが分かります。中でも、那覇警察署の通報件数は全国1位、沖縄警察署は71位となっています。

沖縄市の犯罪情勢(平均値は沖縄県内人口10万人超の都市の平成21年数値による)

沖縄市の犯罪情勢

沖縄市警察所所在地

沖縄警察署 沖縄市胡屋2-4-3 098-932-0110

沖縄市の裁判所

沖縄市の管轄は、那覇地方裁判所沖縄支部・沖縄簡易裁判所になります。

那覇地方裁判所沖縄支部 沖縄市知花6-7-7
(法務局前バス停から徒歩1分)
098-939-0011
那覇家庭裁判所沖縄支部 098-939-0017
沖縄簡易裁判所 098-939-0011
LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。