法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

アトムの刑事弁護活動

お悩み解決プラン

事件別の弁護プラン

お金に関する事件

暴力に関する事件

薬物に関する事件

交通に関する事件

性風俗に関する事件

刑事事件手続き Q&A

よくある質問 Q&A

--------------

お悩み解決プラン<九州・福岡の刑事裁判で、執行猶予を獲得する。>

このページはこのような方を対象としています。

  • 福岡市営地下鉄空港線の藤崎駅のホームで、酔っ払って寝ていた人の財布を抜き取ったところ、防犯カメラでばれて、福岡市早良区百道の早良警察署に逮捕されました。家族もいるので、刑務所には行きたくありません。
  • 息子が、福岡市営地下鉄空港線の福岡空港駅で職務質問を受け、福岡市博多区大字下臼井の福岡空港警察署に逮捕されました。鞄の中から違法な薬物が見つかったと聞いています。息子を刑務所に入れたくありません。
  • JR鹿児島本線の門司港駅近くの会社に勤めています。出来心で会社のお金に手を付けてしまいました。北九州市門司区西海岸の門司警察署に逮捕されています。家族もいるので刑務所に行くわけにはいかず、困っています。

九州・福岡の刑事裁判で、執行猶予を獲得する。

刑務所には行きたくない・刑務所に行きたくない → アトムに頼んで円満解決

アトムの弁護士なら、九州・福岡の刑事裁判で、執行猶予の獲得に努めます。

刑事事件を重点的に取り扱うアトムの弁護士であれば、ご依頼者様の利益を代表し、刑事裁判において執行猶予付きの判決を獲得することに努めます。被告人には、たとえどのような凶悪な罪を犯したとしても、弁護人による弁護を受ける権利が保障されています。私たちアトムの弁護士は、刑事弁護を専門に取り扱う専門家として、最後まで被告人の味方であり続け、粘り強く執行猶予の獲得を目指します。

執行猶予を獲得するための具体的な弁護活動
  • ① 「事件自体」に有利な点があるかを検討し、裁判官に主張する。
    執行猶予付きの判決を得るには、裁判官に「この被告人はよく反省しているし、事件の内容からしても、この被告人を直ちに刑務所に入れる必要はないな。」との心証を抱かせることが大切です。そのため、弁護士が事件自体の内容を精査し、「犯行態様が悪質でない、計画的でない、稚拙だ。」「犯行の動機に酌むべき事情がある。」「被害が軽微だ、未遂だ。」「共犯との関係が従属的で、関与の度合いが低い。」など、被告人に有利な事件の事情を裁判官に伝えていくことになります。
  • ② 「ご依頼者様自身」に有利な点があるかを検討し、裁判官に主張する。
    また、執行猶予付きの判決を得るためには、事件の内容だけでなく、被告人自身にも有利な事情が認められる必要があります。具体的には、弁護士は「被害が弁償済みで、示談が成立し、被害者が被告人を許している。」「被告人は事件を反省し、被害の拡大防止に努め、捜査に積極的に協力している。」「被告人の更正の意欲は顕著で、犯罪組織からも脱退し、家族や友人からの支援も期待できる。」「被告人は既に〇〇という社会的制裁を受けている。」「被告人が刑務所に入れば、被告人の家族や関係者が多大な損害を被る。」「被告人には同種の前科がなく、刑事裁判を受けるのは今回が初めてだ。」など、被告人自身に認められる有利な事情を裁判官に伝えていくことになります。

執行猶予を獲得した場合のメリットは。

執行猶予になれば、直ちに刑務所に行く必要がなくなります。執行猶予とは、有罪判決で懲役刑自体は言い渡されるが、直ちに刑務所に行く必要はないとして、「今度悪いことをしたら確実に刑務所に行くことになる」という心理的なプレッシャーを与えた上で、社会の中で更正の機会を与える制度のことです。最終的に、執行猶予の期間が満了するまでの間、再び刑事裁判になるような悪いことをしなければ、刑罰権(判決で言い渡された懲役刑)は消滅し、今回の事件で刑務所に行く必要はなくなります。

また、執行猶予になれば、保釈が認められずに留置場や拘置所での生活を続けていた場合でも、留置施設から釈放され、社会の中での生活を取り戻すことができます。その場合、保護観察が言い渡されたケースを除いて、日常生活に特別な制約はなく、これまでどおりの暮らしを送ることができます。具体的には、学校に通い、職場に復帰し、引っ越し、結婚なども自由です。また、海外旅行も、渡航国のビザ取得などの問題がなければ、特に制限はありません。公務員や一部の専門職の場合は、執行猶予付きの判決であっても資格の欠格事由になりますが、会社の取締役などは、原則としてそのまま取締役の職務を遂行することができます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。