法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは相談予約のお電話を

アトムの刑事弁護活動

お悩み解決プラン

事件別の弁護プラン

お金に関する事件

暴力に関する事件

薬物に関する事件

交通に関する事件

性風俗に関する事件

刑事事件手続き Q&A

よくある質問 Q&A

--------------

お悩み解決プラン<九州・福岡の刑事事件で、不起訴処分を獲得する。>

このページはこのような方を対象としています。

  • 福岡市営地下鉄箱崎線の出九大病院前駅で痴漢をして乗客に見とがめられ、福岡市博多区東公園の県警本部に連行されました。反省しています。仕事柄、前科がつくことは避けたいです。
  • JR鹿児島本線の二日市駅近くの路上で、通行人と喧嘩になり、筑紫野市上古賀の筑紫野警察署で取り調べを受けました。私は公務員なので、前科がつくことはどうしても避けたいので困っています。
  • JR鹿児島本線のスペースワールド駅近くの路上で自動車を運転中、対向車と接触して事故を起こしてしまいました。北九州市八幡東区大谷の八幡東警察署に来るように言われています。就職前なので前科がつくことはどうしても避けたいです。

九州・福岡の刑事事件で、不起訴処分を獲得する。

不起訴にしてほしい・前科をつけたくない → アトムに頼んで円満解決

アトムの弁護士なら、九州・福岡の刑事事件で、不起訴処分の獲得に努めます。

刑事事件を重点的に取り扱うアトムの弁護士であれば、ご依頼者様の利益を代表し、検察官とタフに交渉して、不起訴処分の獲得に努めます。不起訴処分とは、検察官が犯罪の容疑のかかっている事件を起訴しない(刑事裁判にしない)と決定することをいいます。不起訴処分になれば、ご依頼者様に「前科」は付きません。アトムでは、これまでにも多種多様な事件で不起訴処分を獲得してきました。

不起訴処分を獲得するための具体的な弁護活動
  • ① 自白事件の場合は、被害者と示談を締結するなど、ご依頼者様の情状を良くする。
    容疑を認めている事件の場合、ご依頼者様の情状を良くすることが、不起訴処分の獲得との関係で重要になってきます。まず、容疑の内容を素直に認め、真実解明のため捜査に協力し、反省と更正の意欲を示すことが必要です。また、被害者がいる事件の場合は、被害者に謝罪と賠償の措置を講じ、示談を締結して許してもらうことが重要になってきます。さらに、ご依頼者様の情状が良くなったとしても、検察官にこれが伝わらなければ意味がありません。アトムの弁護士が事件を受任した場合は、ご依頼者様の情状を整えた上で、これをしっかりと検察官にアピールし、不起訴処分を獲得します。また、事件が終了した後に、検察庁から「不起訴処分告知書」という書面を取り寄せ、ご依頼者様に活動の成果をしっかりとした形でお伝えします。
  • ② 容疑を認めていない事件の場合は、捜査機関と徹底的に争う。
    容疑を認めていない事件の場合、ご依頼者様の主張を最後までしっかりと貫くことが、不起訴処分の獲得との関係で重要になってきます。「俺は犯人じゃない。犯人は別人だ。」「俺は事件に関与していない。罪をなすり付けられている。」「確かに相手を殴ったが、それはあくまで正当防衛だ。」など、どのような主張でも構いません。真実は無罪であることを主張するのであれば、捜査機関の過酷な取り調べに耐え、最後まで自分の主張を貫く必要があります。アトムの弁護士としては、捜査側が入手しているであろう証拠を推測し、ご依頼者様が自分の主張を貫いた場合にどうなるかを予測し、弁護活動を組み立てていくことになります。特に、逮捕・勾留されている事件では、自宅に帰れないのではないかという不安から、やってもいない罪を安易に認めてしまう人がいます。そうなる前に、弁護士に相談して、不起訴処分の獲得に向けた行動に着手するべきです。

不起訴処分を獲得できた場合のメリットは。

不起訴処分を獲得できた場合、ご依頼者様に「前科」が付くことはありません。これは、罪を認めていた場合でも同様です。例えば、実際に痴漢事件を起こしてしまい、逮捕・勾留の末20日間留置場で生活した場合でも、最終的に示談が成立し、不起訴処分になれば、ご依頼者様に前科は付きません。これは、強制わいせつの痴漢事件だと、起訴され刑事裁判になれば、懲役1年6月前後の有罪判決が下されることを思えば、非常に大きなメリットと言えます。しっかりと反省して、弁護士を通じて相手方に誠意を見せることで、この様な大きな利益を得ることができるケースがあります。

また、容疑を認めていなかった事件であれば、不起訴処分を獲得することで、社会に対し身の潔白を証明することができます。最終的に不起訴処分で事件が終了すると、検察庁から「不起訴処分告知書」という書面を取り寄せることができます。過去アトムでも、誤認逮捕された痴漢事件で、この「不起訴処分告知書」を取り寄せて会社に事情を説明したことで、ご依頼者様が無事に社会復帰できたケースがあります。刑事裁判になった後、無罪を主張するとなれば、多大な労力と時間がかかります。捜査の段階で不起訴処分を獲得することで、これらの労力から解放される点も大きな魅力です。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。